FC2ブログ
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

もぐ

Author:もぐ
福岡→東京へ移動。
看護師→セラピストへ転換。
派遣ナース(訪問入浴・ツアーナース・老人ホーム)を経て、
次は、ホリスティック医療の現場で、看護師再チャレンジ。

いろいろなコトの挑戦の日々。
未熟「もぐ」のもぐーらいふです。


※ほぼ、日常のどうでもいいコトを感じたままに書いてるものが多いです・・・。

最近の記事

最近のコメント

リンク

カテゴリー

最近のトラックバック

月別アーカイブ


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

森海屋久島 ときどき、種子島

2008.09.21 21:31|もぐと旅する
2008年8月25日~8月29日まで屋久島・種子島に滞在。
深海、森海。時々、鹿。まれに、猿。

屋久島に到着。
昭和28年、鉢に生きるガジュマルは、
月日を経て自分の生きる場所に留まる。
080825_1503~01

ど根性、サテツ。あえて、そこに留まる。
080825_1527~01

民家の域で、自然の驚異を感じながら、
屋久島の奥地へ踏み入れる。
緑緑になる。
DSCN9446.jpg

そして、緑をくぐる。
080825_1757~01


翌朝。
DSCN9463.jpg

日の出すぐの、赤い光
DSCN9457.jpg

日の出後、黄い光
DSCN9461.jpg

自然に呑み込まれそうになる。
コピー ~ DSCN9466

ウィルソン株。人が切らなければ、屋久島で一番の巨木。
コピー ~ DSCN9478

ウィルソン株の中から上を見る。
どうやら、ハートの形らしかった。(後から知った・・・)
コピー ~ DSCN9477

縄文杉を見るまでの道のりは、自然に触れるというより、
人に道をゆずりあいながら、気を使いながら歩く。
とにかく、人が多い。私もその一人。
都会から離れて来たけど、そこは、ある意味、都会。

森の中に踏み入れないことが、自然の森を守る。
こんな感じのことを、もぐ彼が言っていた。
なんだか、複雑な心境になる。
コピー ~ DSCN9482

屋久島に行った後、無性に漫画の「アキラ」を読みたくなった。
080826_0728~02

縄文杉を過ぎたあたりから、全く人に遭わなくなる。
その代わり、鹿にあう。
080826_1312~01

性分なのか、他人がいるってだけで、気が張る。
人に遭わない道のりは、楽しい。
コピー ~ DSCN9489

ぺう。
DSCN9488.jpg

てくてくてくてく、笹をかき分け、ずぶぬれになりながら、
宮之浦岳:1935m
コピー ~ DSCN9493

目の前に広がる、幻想。なんとか湿原。
DSCN9497.jpg

トーフ岩(拡大→下の画像クリック) パックリ!
コピー ~ DSCN9504

霧が晴れ、つかの間の青空屋久島。
DSCN9502.jpg

鉢のような岩の上には、樹。
そこに、空間がある限り、厳しい条件でも、大きくなる。
080828_0854~01

深い緑の苔もあれば、黄緑の鮮やかな苔。
苔に興奮。
080828_0909~01

下山すると、雨から晴れへ。
蒸し暑さが戻る。南国。
うん、自然バナナ。
080828_1333~01

おばけガジュマル。
080828_1316~02

一部分の屋久島。
それでも満足。
次は、種子島へ。

テーマ:登山・ハイキング
ジャンル:旅行

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。