FC2ブログ
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

もぐ

Author:もぐ
福岡→東京へ移動。
看護師→セラピストへ転換。
派遣ナース(訪問入浴・ツアーナース・老人ホーム)を経て、
次は、ホリスティック医療の現場で、看護師再チャレンジ。

いろいろなコトの挑戦の日々。
未熟「もぐ」のもぐーらいふです。


※ほぼ、日常のどうでもいいコトを感じたままに書いてるものが多いです・・・。

最近の記事

最近のコメント

リンク

カテゴリー

最近のトラックバック

月別アーカイブ


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

猫町もぐ町

2007.11.04 22:14|もぐと絵と本
古本屋で、本の衝動買いをした。
目的もなく、フラリと入り、手に取る。
こういう時、
沢山の本の中から、一冊を選ぶ理由ってなんだろう。
引き付ける魅力ってなんだろう。

猫町
作:萩原朔太郎
画:金井田英津子


不思議な感覚がする一冊。
秋の終りかけに、なんとなく読むには、
しっとりとした時間が流れていくから、いい。
視線の方向を換えると、初めて見る景色に写ることがある。
納得。
私の場合、方向音痴・・・とも言えるけど、
迷った時、焦らず、景色を楽しめたら。
SSCN7852.jpg

もしかしたら、猫町を歩いていたのかもしれない。
そろそろ、もぐ町に戻ろう。

テーマ:本の紹介
ジャンル:本・雑誌

コメント

なんだかそそられる本だなあ。
下の猫の絵もなんでそんなタイミング良く見つけるんだろう。
ていうか、猫の絵描いた人かなり好きだわ。
不思議な世界に迷い込んだような感じよね。
猫町からもぐ町へ。
夢の世界から現実世界へ。
猫町にいたいよう。

azusaちゃんへ。
ノスタルジックな本ですよ。
読み返すと、また違った味がする、
コンブのような絵本です。

なんとなく、もぐを創ってみるかな~と、
最近思う。
猫町に近づけるように!
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。