06 | 2008/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

もぐ

Author:もぐ
福岡→東京へ移動。
看護師→セラピストへ転換。
派遣ナース(訪問入浴・ツアーナース・老人ホーム)を経て、
次は、ホリスティック医療の現場で、看護師再チャレンジ。

いろいろなコトの挑戦の日々。
未熟「もぐ」のもぐーらいふです。


※ほぼ、日常のどうでもいいコトを感じたままに書いてるものが多いです・・・。

最近の記事

最近のコメント

リンク

カテゴリー

最近のトラックバック

月別アーカイブ


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

回想する山登り

2008.07.30 21:41|もぐと旅する
日記ではなく、回想。
回想する時は、辛い感情は消えてる。
こんなことあったなー。
辛いことは、笑い話に変わってる。
なぜか楽しかったことが、一番の想い出に残ってる。

この前、友達と話してた内容。
人間が生きていくための才能「忘れる」
あの時は、辛くても時間とともに辛い記憶は薄れる。
だから、今の私は平穏なんだと思う。
いいことだ・・・


ちょいと前に山登りをした。
山に恋している、もぐ彼と共に。
病み上がり且つ、睡眠不足・・・。
最終のバスに乗り遅れて、5時間ほど歩くハプニングもあった。
そんな事は、問答無用。
山に登るという、目の前の目標に向かった。
正直、辛かった。
でも、登った。
080703_1134~01
帰りは、さらに辛かった。
帰る道のりは、上級コースで崖を下る。(初心者です)
080703_1236~01
堕ちたら・・・という、ネガティブ妄想がよぎる中、
自分の指先と足先、体力を信じ、下りた。
私にとって命がけにもかかわらず、
楽しんでいる自分もいた。(Mじゃない、どちらかと言えばS)
↓命がけを演出
080703_1125~01
森を歩くと、非日常の自然と遭遇
↓アメーバー
コピー ~ DSCN9318
↓どの部分が花?
DSCN9314.jpg
↓器用に折りたたまれた葉っぱ
KC3A0006001.jpg

辛いんだけどね、
非日常が普通に存在するとワクワクするんだねー。

そんな、回想もぐーらいふでした。
スポンサーサイト

テーマ:ちょっとおでかけ
ジャンル:旅行

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。