10 | 2007/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

もぐ

Author:もぐ
福岡→東京へ移動。
看護師→セラピストへ転換。
派遣ナース(訪問入浴・ツアーナース・老人ホーム)を経て、
次は、ホリスティック医療の現場で、看護師再チャレンジ。

いろいろなコトの挑戦の日々。
未熟「もぐ」のもぐーらいふです。


※ほぼ、日常のどうでもいいコトを感じたままに書いてるものが多いです・・・。

最近の記事

最近のコメント

リンク

カテゴリー

最近のトラックバック

月別アーカイブ


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もぐのたそがれ

2007.11.19 22:54|もぐと旅する
あなたに会えて、本当によかった。
うれしくて、うれしくて、
言葉にできない。
と、小田和正さんのメロディーを流したくなる一枚。


実はこれ、ミトン。
071118_1616~01.jpg

もぐ彼に誘われて、代々木公園に行った。
バーナーでお湯を沸かした。
ココアとコーンクリームで暖まる。
きなこ団子をほおばる。
たこやきもほおばる。

東京にいるけど、していることは、
大牟田にいた頃と同じ。
スポンサーサイト

テーマ:小さなしあわせ
ジャンル:日記

もぐ立派

2007.11.15 21:25|もぐとフェルト・ヌノ
最近、刺激を受け元気なので、もぐを創った。
あずき色+もぐ+スリッパ。
題して、「あずきもぐりっぱ」
履いてみる。
071113_2207~01.jpg

久々のもぐ誕生に、ちょっぴり感動。
フェルトに目を付ける時、命が芽吹いく感じがする。

もぐさん、ご無沙汰してます。
もぐりっぱ→もぐ立派ができました。



テーマ:こんなの作りました♪
ジャンル:趣味・実用

フェルトつなぐ

2007.11.13 23:13|もぐとフェルト・ヌノ
この前、秩父で「種to芽」という、
upuuzioraさんのキャンドルとフェルトのあたたかい展示会があった。


福岡にいたころ、
インターネットでフェルトを検索していて、
ここのサイトをたまたま見つけて、
気になって、
いつの間にか、作家さんともお友だちになった。
今回、展示会で直接触れ、
好きな作品を見つけ、購入。

もし、インターネットという通信がなかったら、
知らなかったし、出会えていなかった。
そう考えると、ありがたいね。

もうすぐしたら、私のもとへやってくる
ポシェットちゃん。
071108_0013~01.jpg

ワークショップにも参加して、
久々にフェルトに触れ、出来上がったキーホルダーよ。
071107_2355~01.jpg

創るって、熱心を通り越して、無心になれるのよね。

テーマ:趣味と日記
ジャンル:趣味・実用

猫町もぐ町

2007.11.04 22:14|もぐと絵と本
古本屋で、本の衝動買いをした。
目的もなく、フラリと入り、手に取る。
こういう時、
沢山の本の中から、一冊を選ぶ理由ってなんだろう。
引き付ける魅力ってなんだろう。

猫町
作:萩原朔太郎
画:金井田英津子


不思議な感覚がする一冊。
秋の終りかけに、なんとなく読むには、
しっとりとした時間が流れていくから、いい。
視線の方向を換えると、初めて見る景色に写ることがある。
納得。
私の場合、方向音痴・・・とも言えるけど、
迷った時、焦らず、景色を楽しめたら。
SSCN7852.jpg

もしかしたら、猫町を歩いていたのかもしれない。
そろそろ、もぐ町に戻ろう。

テーマ:本の紹介
ジャンル:本・雑誌

子どもという人

2007.11.02 01:41|もぐと派遣看護師
今までに、小さな子どもと接する機会があまりない私は、
正直、子どもが苦手でした。
でも、今回のツアーナースを通して、
多人数の子どもと接し、
慣れたというか、
先生達の接する姿を見て、
接し方がなんとなく分かったのかもしれません。
そして、自信にもつながりました。
今回、感じて学んだことを忘れないように書いておこう。

いろんな子ども達がいるなかで、感じたこと。
悪いことを悪いと理解できない子は意外といる。
小中学校は勉強だけを学ぶ所じゃないと、つくづく思う。
正しいこと、悪いこと。
やっていいこと、いけないこと。
それを教えてくれるところ。
人としての基礎を学ぶ場だと思う。
学校という、小さな社会。

私が思うこと。
叱ってくれる大人(先生)
褒めてくれる大人(先生)
何より、子どもに関心をもってくれる大人達(先生達)
が必要だということ。

なかには、バスのシートを土足で蹴る子ども。
人を傷つける言葉を吐く子ども。
そんな子どもを見て見ぬふりする先生もいる。
そんな学校は、荒れ放題。
子どもが悪いのではない。

家で虐待を受けた子どもは、
人を信じれず、人格形成が歪む。
落ち着かなかったり、異常行動が見られていた。
子どもが悪いのではない。

喘息やアトピーなどのアレルギー疾患の子どもが多い。
子どもが悪いのではない。

真剣に向き合わなければ、いけないんだろうね。
071029_1345~01.jpg

とある先生が話していた内容。
「今は、物が溢れているかもしれないけど、
  全く裕福じゃない!
    子供を見ていれば、分かる」

「お金持ち=裕福」とは、言い切れない。
子どもに本当の裕福を与えられる、大人が増えますように。

ツアーナースを通し、
貴重な体験と大切な事を教わる事ができました。
先生そして、子どもたちに感謝します。

テーマ:日記
ジャンル:育児

祝☆ツアーナース終了

2007.11.01 21:17|もぐと派遣看護師
夏から始めた、ツアーナースのお仕事が無事に終った。
今年、軽井沢へ5回、福島県へ5回。
同じ所に行くけれど、学校が違えば、人が違う。
時も違う。
071101_2029~01.jpg

葉の色も緑から、黄、そして赤。
信号機の色のように、私も停止。
よし、これからは足をつけて働こう。
学びたいモノがあるから。

テーマ:日記
ジャンル:日記

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。