08 | 2006/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

もぐ

Author:もぐ
福岡→東京へ移動。
看護師→セラピストへ転換。
派遣ナース(訪問入浴・ツアーナース・老人ホーム)を経て、
次は、ホリスティック医療の現場で、看護師再チャレンジ。

いろいろなコトの挑戦の日々。
未熟「もぐ」のもぐーらいふです。


※ほぼ、日常のどうでもいいコトを感じたままに書いてるものが多いです・・・。

最近の記事

最近のコメント

リンク

カテゴリー

最近のトラックバック

月別アーカイブ


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

きんもぐせい

2006.09.21 02:53|もぐと日常のヒトリコト
ほろ酔いで帰宅中、金木犀がふわふわ香っていた。
…心地よい。
今日は一日中、金木犀が、いろいろな所で香る日。

行きの駅のホームの道のりで。
仕事の空き時間にパンフレットのポスティング中、白金の高級住宅街でほのかに。
そして、満員電車を降りた帰り道。

なぜか、この香りを嗅ぐと懐かしく、温かな気持ちになれる。
たとえ、近代的な建物を目の前にしても、
↓ふわふわできる。(いや、関係ない写真…だけど、なんとなく、ふわふわ?)
DSCN7588.jpg

香水で、忠実な金木犀の香りがあればいいな~。
どうしても、トイレの芳香剤っぽいんだよな。
スポンサーサイト

カミングアウト。

2006.09.20 01:52|もぐと日常のヒトリコト
実は、前回のブログの内容は嘘でした(・o・)ノ

もぐ彼が自転車で東京から実家の福岡に帰ったようです。
つじつまを合わせる為の、サプライズ帰福として利用しました。

真剣に読んで下さった方、申し訳ございませんでしたー。

無事帰還。

2006.09.17 01:32|もぐと旅する
仕事から帰ると、旅に出ていたもぐ彼は布団に寝ていた。
彼は膝を故障したのか、小さなアイスノンを当てていた。
帰ってきても気付かず、熟睡中。
心なしか、日焼けをしているようだ。
つついたら、なんとか目を覚ました。
「おかえり」ともぐ彼。
いやいや、こっちのセリフだと言ってやりたかったが、
普通に「ただいま」と返した。
日常が戻ってきた。

讃岐うどんを食べ、徳島からフェリーで帰ってきたようだった。
眠気と疲れで、今ひとつ話が聞き取りにくいが、
元警察官に「君何か、におうよ」と言われたらしい。
オチは、4日風呂に入っていないから、本当に臭ったらしい・・・など
たわいもない話をし、笑った。
こんな話だけど、向き合えたような気がした。
旅前・旅中、つまらぬケンカとつまらぬ不信で苛立っていた。
不安でもあった。
時間と道のりが、つまらぬモノに変えてくれた。

…非日常の旅から、無事帰還した。

もぐ彼、おつかれさま。

遊びココロ。

2006.09.15 01:15|もぐと日常のヒトリコト
かなり日常のどうでもいいコト。
↓人(もぐ)事ではない。


↓とある場所のトイレの鍵、かわいいコックさん?(顔のみ)
DSCN7580.jpg

↓ジャングルジム。
DSCN7574.jpg

遊びココロは、探せばいくらでもある。
日常に潜む、どうでも良い遊びココロ。

最強シンクロニシティ

2006.09.10 01:19|もぐと大切にしたいモノ
今日はいろいろなトコロに行き、いろいろな出会いがありました。
その中でも、鳥肌が立つほどの出来事がありました。
以前high-kyoという所に言った時、
とある青い絵に惹かれました。

最近、いろいろあって気分が落ちていた自分は、
あの青い絵を思い出しました。
ちょうど、その絵の作家さんの展示会が西荻窪であっていたので、
電車に揺られながら、ギャラリーブリキ星とい所へ。

作家さんの名前は新谷仁美さん。
私が求めていた、青い絵はなかったけど、
紫キャベツのような深い色の絵にボーっとしてしまいました。
空模様のような絵には、何とも言い表せない気持になれました。

見終って、帰ろうとしたら、お店の人に声をかけられました。
展示は、陶芸などいろいろあり、
声かけた人が新谷さんとは思いもしませんでした。
「どこで知ったのですか」から始まり、いろいろ話をしました。
よかったら、名前帳?のようなもの(個展とかにおいてあるノート)に書いてってと言われ、書いていたら、なぜか驚かれました。

私と同姓同名の方とお友達がいると言うのです。

実は、以前ネットで自分の名前を検索したことがあります。
武蔵野美術大学で銅版画をされている方がいることを知りました。
そして、その作品が気に入り、私のPCの壁紙にしていました。

なんとも言えない、気持でいっぱいでした。
私がネット上で知っていた、同姓同名の私でした。
初め、振るえていました。
こんな時は、言葉がでないということも分かりました。
そして、なぜか笑ってしまうということも分かりました。
新谷さんと顔を合わせながら、
「さっき、彼女の話をしていたのよ」とのコト。
私の名前は、漢字2文字、ひらがな4文字の珍しい名前であるが故に、
こんなことって、と不思議な気持でいっぱいでした。
世の中は狭い、と本当に思う日でした。

私の好きな新谷さんの絵で繋がる、私の好きな同姓同名の絵。
冬に展示会するみたいなので、対面があるかもしれません…。
とても、おちゃめな人らしいです。

電車と本。

2006.09.09 02:04|もぐと絵と本
何日か前、地下鉄メトロの車内で、とある本の広告を目にした。
児玉清絶賛だという、
「水曜日の朝、午前三時」著:蓮見圭一
アタックチャ~ンス。

なぜだか、一目ぼれのように読みたくなった。
一昨日前に購入。
いつもの自分ルールで、本は電車の中でしか読んではいけないこと。
一時間あまりの電車の中の楽しみのため。
退屈な電車時間に花が咲く。
仕事へ行く準備も早くなる。

今日は満員電車の中で、もみくちゃになりながら読書。
それでも構わない。

乗車中の私は、
本の中の四条直美であり、時代は大阪万博。
そして、臼井さんに会いに京都へ行くところ。

明日は仕事ではないが、臼井さんに会いたいので、
電車に乗って、どこかへ行こうかな。

テーマ:
ジャンル:本・雑誌

もぐ彼の旅

2006.09.08 12:50|もぐと旅する
9月5日から、
もぐ彼が羊の角のようなハンドルの自転車で旅に出た。
↓行き先も分からないまま、光の中に吸い込まれていく。


↓この自転車に、この帽子・この靴?
SSCN7571.jpg

固定されたスタイルにこだわらない、もぐ彼です。

ペダルを踏むたびに見える・感じるものはどういうものなのだろう?
話なんかしてないけど、元気をもらった。

行き先も帰る日も分からない。
どうせ、本人も分からないコトだろから、あえては聞かない。
風邪ひいてても、走るだろから、あえて止めない。

今、名古屋ということだけ分かる。
ういろうが食べたいぞ。

テーマ:日記
ジャンル:日記

雨ニモ(グ)マケズ

2006.09.06 10:47|もぐと日常のヒトリコト
「雨ニモマケズ」宮沢賢治の有名な詩。
改めて、読むとジンワリとしみ込みます。

雨ニモマケズ
風ニモマケズ
雪ニモ夏ノ暑サニモマケヌ
丈夫ナカラダヲモチ
慾ハナク
決シテ瞋ラズ
イツモシヅカニワラツテイル
一日ニ玄米四合ト
味噌ト少シノ野菜ヲタベ
アラユルコトヲ
ジブンヲカンジョウニ入レズニ
ヨクミキキシワカリ
ソシテワスレズ
野原ノ松ノ林ノ蔭ノ
小サナ萱ブキ小屋ニイテ
東ニ病気ノ子供アレバ
行ツテ看病シテヤリ
西ニ疲レタ母アレバ
行ツテソノ稲ノ束ヲ負ヒ
南ニ死ニソウナ人アレバ
行ツテコハガラナクテモイヽトイヒ
北ニケンクワヤソシヨウガアレバ
ツマラナイカラヤメロトイヒ
ヒデリノトキハナミダヲナガシ
サムサノナツハオロオロアルキ
ミンナニデクノボートヨバレ
ホメラレモセズ
クニモサレズ
サウイウモノニ
ワタシハナリタイ

そういうモノに私はなりたい。
そういうモグでありたい。
SSCN6852.jpg

テーマ:つぶやき
ジャンル:日記

冬瓜のある風景

2006.09.04 23:56|もぐと日常のヒトリコト
↓冬瓜?の背比べ


最近、もぐ彼がロードバイクという物を買った。
羊の角のようなハンドルのやつ。
外出中に、ちょっと拝借・・・。
シュンシュン進む。
徒歩の行動範囲から、ちょっと拡大。
こんな風景があったんだ・・・。

ひさびさにワクワクさんでした。

いいトコ長瀞。

2006.09.02 00:55|もぐと旅する
9月です。
なんとなく、長袖で出勤してみました。

秋を迎える前に、夏の記憶を記録しとこ。
前回のupuuzioraさんの続きで、よいトコ長瀞編。
↓着いた駅は野上駅、×2で親切。注意します。
SSCN7550.jpg

↓岩畳と荒川。人が次々と流れてました。
SSCN7544.jpg

↓赤い帽子の人も流れます。
SSCN7546.jpg

↓長瀞と言えばカキ氷らしく、天然氷のカキ氷。
SSCN7543.jpg

M代さんのガイドのもと、
汗かきながら、夏の長瀞を満喫。
今度は、秋、冬、春・・・。
楽しみが増えました(・o・)ノ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。